MonicaWaxing モニカワクシング

綺麗に正しくワックス脱毛

ワックス脱毛とは

デリケートゾーンや顔を含め体全身に使える脱毛方法で
妊娠中や生理中にも安心して使えます。
ワックス剤を毛に絡ませ毛根から取り除く事をワックス脱毛といいます。

主なメリットとして以下のような事が
あげられます。

清潔になる
ムレや臭いが
軽くなる
生理の時の
不快感が軽くなる
白髪の除去が
できる
清潔になる
ムレや臭いが
軽くなる
生理の時の
不快感が軽くなる
白髪の除去が
できる
清潔になる
ムレや臭いが
軽くなる
生理の時の
不快感が軽くなる
白髪の除去が
できる
清潔になる
ムレや臭いが
軽くなる
生理の時の
不快感が軽くなる

ワックス脱毛の歴史は長く、昔は材料が砂糖、お水、はちみつ、と言った自然な物を煮詰めて使用していました。現在では保存が効くようレモン果皮油やオリーブ油、防腐剤等を加えた色々なワックス剤が作られています。
その種類は何百種のワックス剤があります。例えるなら、色々な会社が色々なタイプの化粧水を作っている感じです。

昔はワックス剤を毛に塗り絡ませた上に生地を乗せ、生地と一緒に毛をぬいて脱毛していましたが、現在ではワックス専用の紙=ストリップを使用して施術しています。そのストリップを使う事で、サロンではワックスを再利用せずに使い捨てである事をお客様に証明できるようになっています。またそうする事により感染防止になります。
紙=ストリップを使って施術する方法を総称してソフトワックスといいます。アメリカの大手サロンはワックスを再利用していない証明としてソフトワックスを使っています。
そして紙を使わない種類のワックスはハードワックスと呼ばれています。紙=ストリップを使わないワックスは、ドラッグストアで買うことができ、個人向けに使われる事が多くあります。

ワックス脱毛は顔を含め全身(数箇所を除く)の脱毛が可能な上、妊娠中にも施術できることから、海外では長い間、安心安全の脱毛サービスとされています。Legwax(レッグワックス・足)、Armwax(アームワックス・腕)など、ブラジリアンワックス(VIO)以外にも安心して施術されています。

アジアではアンダーヘアの処理をタブーとされていましたが、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパではアンダーヘアの処理は衛生の為、定期的に行われている方も多くいらっしゃいます。元々はビキニワックスと呼ばれ少し残したり、整えたりする方が多くいらっしゃいましたが、2000年辺りから全てをとるブラジリアンワックスが人気になりました。また、前(V)ヘアを残したり、全て取ってしまったり、残した形が変わったりと時代によって変わって行ってましたが、現在では、IとOを取りVはナチュラルに残すプレイボーイスタイルか全てを取り除くブラジリアンスタイルが人気になっています。

2008年頃から日本でもインターネットや海外ドラマの影響もありブラジリアンワックスが紹介されるようになり、アンダーヘア処理の認識が高くなってきました。
カミソリや毛抜きで抜くなど自己流で処理をされている方がほとんどでしたが、肌まで剃ってしまって肌が硬くなってきたり、毛抜きのやりすぎで肌に黒いプツプツができたりと悩める箇所でしたが他人に相談するのも難しい箇所でした。
せっかく買ったお気に入りの下着もヘアの多さから断念する事もあったと思います。
アンダーヘアーの処理は形が複雑な為、自己流で失敗される方も多く、経験と資格を持ったプロに任せた方が気楽で安心でしょう。